1. TOP
  2. 最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?

最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?

美容 この記事は約 5 分で読めます。
最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?

最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?

現在では、さまざまな性能を持ったシャンプーやコンディショナーが発売されていますが、
それでも「石けんシャンプー」にこだわりを持つ方も多くいるようです。
固形石けんで髪を洗う・・・。そう聞くと、ちゃんと洗えず、キシキシした仕上がりのイメージを持ってしまいますよね。
でも、コツを掴めば、髪がスッキリして虜になってしまうそうです。
今回は、石鹸シャンプーの使い方とおすすめアイテムについてご紹介いたします。

最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?



 

1.石鹸シャンプーの種類

「石けんシャンプー」と言っても、固形石けん、液体石けんとあります。
自分の髪に合っているならば、何を使ってもOKだそうです。
しかし、お店にたくさん並んでいる製品の中には、一見「石鹸風」だけど実は合成洗剤、というものも混ざっています。
また、防腐剤や酸化防止剤など、汚れを落とすのには特に必要のない添加物は入っているけれど、それでも「石鹸」には違いないもの、もあります。
「石鹸ってどんなものだろう、一度使ってみたい」と思っているなら、まずは不要な添加物が入っていない製品を選んでみるのがおすすめです。
石鹸そのものの使い勝手や自分への向き不向きがよく分かるはずです。
また「石けんでシャンプーをした時のリンスは、酸性のものを使いましょう。合成シャンプー用のリンスはあまり向いていません。
専用リンスではなく、クエン酸やお酢、レモン汁などを使うといった方法もあります。

2.石鹸シャンプーおすすめ

①ミヨシ 無添加 せっけんシャンプー/専用リンス [シャンプー・コンディショナー] ②M mark アミノ酸せっけんシャンプー[シャンプー・コンディショナー] ③パックスナチュロン シャンプー/リンス [シャンプー・コンディショナー]

3.石鹸シャンプー使い方

・洗う前にブラッシングする。髪のもつれをほぐし、髪と地肌の汚れを浮き上がらせる効果があります。
・ホコリなどの軽い汚れをお湯で洗い流す。石鹸がよく泡立つよう、頭皮までしっかりお湯で濡らすこと。
・石鹸シャンプーを付ける。液体なら一度手にとって軽く泡立て、頭皮を中心に付ける。固形なら、そのまま頭皮近くの髪にくるくると軽くすりつけるようにして十分に泡立てる。このとき強くこすりつけないこと。髪が傷むほか、中途半端に溶けた石鹸が髪にへばりついてすすぎが面倒になることがあります。
・頭皮を指の腹でまんべんなくマッサージしながら洗う。髪の毛にも石鹸の泡をよく行き渡らせる。
・ぬるま湯で石鹸を十分にすすぎ流す。シャンプーブラシを利用するとロングヘアでも効率よくすすげ、石鹸かすも残りにくい。
この時点ですっきり洗えていないようなら、もう一度シャンプーとすすぎを行う
・石鹸シャンプー用の酸性リンスをしたのち、お湯でよく洗い流す。
・タオルで優しく髪をはさむようにして水分を取る。
・ロングヘアや髪が多い人はドライヤーで乾かすのがおすすめ。髪の毛や頭皮が長時間湿っていると雑菌が繁殖しやすくなるため。ドライヤーは髪から15センチ以上離し、1カ所に熱風を当て続けないようにする

最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?

※洗い方のコツ

・十分な量の石鹸を使う

髪の毛全体がしっかりと泡に包まれる量の石鹸を使いましょう。「泡立たない=石鹸が足りていない」と考えてください。
髪に石鹸を足すとき、石鹸だけを足し続けると泡が硬くなって根元にまで行き渡らなかったり、すすぎにくくなったりします。適度にお湯を足しながら、柔らかい泡を作るようにします。
・「頭皮」を洗う
シャンプーするときは「髪」よりも「頭皮」を重点的に洗うようにしましょう。髪の毛の汚れは石鹸の泡が行き渡っていればそれで落とせます。汚れを落とそうとして髪をもんだりこすったりするのはダメージの元です。
毛先では十分に泡立っていても、頭皮付近では泡が消えていることがあります。頭皮は皮脂分泌が盛んなので、石鹸が沢山必要なのですね。頭皮付近の泡が足りないときは、髪の毛をかき分けて固形石鹸を頭皮にやさしくすりつけたり、細いノズル付きの容器に液体石鹸を入れて頭皮に直接付けたりするとよいでしょう。
爪を立ててこすると頭皮に傷がついてトラブルの原因になります。指の腹でマッサージするようにやさしく洗いましょう。

・合成シャンプーからの切り替え時には要注意

石鹸シャンプーに切り替えたばかりのときは非常に泡立ちにくいことがあります。これは、合成シャンプーやコンディショナーの成分が髪に残っていることも原因のひとつ。合成のヘアケア製品には髪をコートして見栄えを良くする成分が含まれていることがしばしばあり、それらを洗い流すために石鹸が余分に必要になるのです。
合成シャンプーの残留物がすべて洗い流されてしまえば、石鹸の使用量も落ち着いてきます。それまでは「十分に泡立つ量が必要な量」と割り切って、しっかり泡立つまで石鹸を追加しましょう。

いかがでしたでしょうか。

石鹸シャンプーに移行する方で、多くの方が髪の毛のキシミに耐えることができずに挫折してしまいます。
髪の毛のキシミが取れるまで、最低でも1か月の辛抱は必要です。
今回ご紹介した方法で石鹸シャンプーの正しいやり方で、ツルツルの髪の毛を手に入れてください!

まとめ

最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?
1.石鹸シャンプーの種類
2.石鹸シャンプーおすすめ
3.石鹸シャンプー使い方

“♡まるごと女子力アップ♡” Twitterをフォロー♪

\ SNSでシェアしよう! /

まるごと女子力アップ♡の注目記事を受け取ろう

最近人気の【石鹸シャンプー】使い方とおすすめアイテムとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まるごと女子力アップ♡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【美容師おすすめ!】髪や頭皮の悩み別シャンプーの人気ランキング! 

    【美容師おすすめ!】髪や頭皮の悩み別シャンプーの人気ランキング!