1. TOP
  2. 歯並びの矯正によるデメリット

歯並びの矯正によるデメリット

美容 この記事は約 5 分で読めます。
歯並びの矯正によるデメリット

歯並びの矯正によるデメリット

芸能人は、歯が大事というようなフレーズが一昔前にありましたが、歯の印象は、見た目に大きく左右されます。子供のころにはあまり気にならなかった歯並びが大人になってから気になってきたという人もいるかもしれません。大人になって金銭的にも余裕ができて
歯並びをする事に対して、良い事ばかりではないかもしれません、そんな大人の歯並びについて調べてみました。

 

歯並びの矯正によるデメリット


?


 

 

その1:歯並びの矯正期間

歯並びの矯正期間は、治療を受ける医療機関や治療の内容、歯並びの状態によって異なるようですが、だいたい1年半~2年半くらいの間といわれています。子供矯正は、成長途中で行う為、4~5年かかる場合があるようですが、大人はすでに成長が止まっている為、子供よりも矯正期間が短いようです。治療の期間は、上下の歯の前後関係、出っ歯や受け口かどうか、かみ合わせ深さ、症状の程度、難易度を確認して、決めるようです。

 

その2:歯並びの矯正をする事でどんなメリットがある?!

歯並びの矯正に求める期待は、並んだ歯が綺麗にそろっているので、見た目がきれいになることだと思いますが、それ以外にも歯を矯正するメリットはいろいろあります。歯並びが悪いと、体が歪んで姿勢が悪くなっている事がありますが、整えることで、全体的な体のゆがみなども修正され、姿勢が良くなることがあります。また、歯並びが悪いと歯ブラシなどが入りにくい場所が多くでき、虫歯などになりやすくなります。歯を矯正し、整えると歯をしっかりすみずみまで磨くことができるため、虫歯になりにくくなります。歯並びが良くなるとしっかりと噛むこともできますので、消化吸収がよくなります。また、かみ合わせが良くなることは、脳や顔への血流の流れもよくなることからアンチエイジング効果も高いといわれています。このように歯並びがよくなって見た目がよくなる以外にも矯正することのメリットはいろいろあります。

 

その3:歯並びの矯正方法

歯科矯正の方法は、矯正装置をつけておこないます。歯の表面にブラケットとワイヤーをつけて行うのが一般的ですが、歯の裏側に装置をつける裏側矯正(舌側矯正)や、下顎が表側矯正で上顎が裏側矯正のハーフリンガル矯正などもあります。特殊な治療方法になる為、装置の装着時間もかかり、料金も一般の矯正装置より1.2~1.5倍程度高くなります。
矯正の種類ですが、出っ歯の矯正、上あごより下アゴがでている受け口の矯正、歯と歯をかみ合わせをした際に、スキマがあいてしまう矯正、歯並びが、がたがたになっている(八重歯などがある歯など)の矯正などがあります。
最初は、相談からはじまり、治療方法や治療期間などを決めていきます。その後に必要な歯の形を採取し、顔や口の写真、レントゲンなどをとります。また、ここで治療や診断に必要な検査も行います。歯の模型、レントゲン写真などがでたら歯医者さんの診断をもとに治療計画、治療期間などの説明を改めて詳細に聞きます。その後、治療開始です。治療の段階によって異なるようですが、3~6週間に1回は、通院が必要となるようです。装着期間が終わり、装置を外した後も、何もしなければ歯は動いてしまうので、骨や歯周組織が安定するまでリテーナーと呼ばれる保定装置を装着します。その間の通院は2~6か月に1回程度になります。だんだん間隔をあけていきます。

?【スポンサーリンク】

その4:歯並びの矯正する事で起こるデメリット

装置をつけるので、矯正していることがわかるし、見た目がよくない、違和感などもあります。矯正しているのが目立たない装置もあるけれど、合わないことがあったり、痛い場合があります。また、値段も通常の装置より高めになります。
装置をつけていると歯ブラシが大変になりますし、食べ物が装置に詰まりやすくなります。
また、ガムやキャラメルなどの矯正装置にひっかかるものは食べられなくなります。
硬いものなど食べられなくなることもあります。
歯の矯正が終わっても、保定装置(リテーナー)を付けなければいけないこと。
また、矯正期間は定期的に通う必要があり、予約日に来院できないと治療が遅れることがあるので、社会人になってからの矯正は、ある程度2.3年の状況を見越して治療を行わないと予定よりもかなり長くかかってしまうという事も考えられます。

 

その5:歯並びの矯正で注意したいこと

子供の矯正より、大人の矯正の方が矯正期間は短いとはいえ、矯正は、治療が終わるまでにかなり時間がかかります。特に社会人になると、転勤や異動があったりして自分の生活スタイルがずっと保てない可能性もあります。また、女性の場合は、結婚、妊娠などライフスタイルでも影響してくることが考えられますので、矯正する場合は最初に計画をたててから行うことが大切です。また病院選びも大切です。途中で先生が変わってしまったり、
選んだ歯科医院が、遠い所だと通うのが大変になる場合もあります。

 

矯正期間は、矯正装置をつけないといけない為、見た目が悪いし違和感を感じることがある。治療を完治するまでに時間がかかるので、その間に自分の状況がかわるとさらに時間がかかってしまったり、断念してしまう可能性もでてくる事。
装置をつけていると、食べれないものがでてきたり、歯ブラシに時間がかかる事

 

まとめ

歯並びの矯正によるデメリット
その1:歯並びの矯正期間
その2:歯並びの矯正をする事でどんなメリットがある?!
その3:歯並びの矯正方法
その4:歯並びの矯正する事で起こるデメリット
その5:歯並びの矯正で注意したいこと

“?まるごと女子力アップ?” Twitterをフォロー♪

\ SNSでシェアしよう! /

まるごと女子力アップ♡の注目記事を受け取ろう

歯並びの矯正によるデメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まるごと女子力アップ♡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ひどい!】ほんのひと手間で化粧崩れ防止できる5つの方法とは? 

    ほんのひと手間で化粧崩れを防止できる!崩れ防止の5つの方法とは? 

  • 【女性に聞いた!】ホントに人気のシャンプー年齢別ランキング

    【女性に聞いた!】ホントに人気のシャンプー年齢別ランキング

  • 美顔スチーマーの上手な選び方

    二重あごの原因と【簡単エクササイズ】で二重あごを解消する方法とは? 

  • 効果は整形並み!?目ヂカラ効果UP術

    効果は整形並み!?目ヂカラ効果UP術

  • かかとケアで、足裏美人

    かかとケアで、足裏美人

  • 永久脱毛が自宅で簡単にできる!【永久脱毛クリーム】5つの魅力

    永久脱毛が自宅で簡単にできる!【永久脱毛クリーム】5つの魅力