1. TOP
  2. 意外と知らない本当の美肌スキンケア

意外と知らない本当の美肌スキンケア

美容 この記事は約 5 分で読めます。
意外と知らない本当の美肌スキンケア

意外と知らない本当の美肌スキンケア (SEO:美肌 スキンケア)  最近は、美肌に関する事が本や雑誌に様々掲載されている事や化粧品なども さまざまな効能がいろいろな形で、製品化している為、どれが本当によいのか迷ってしまうことが多々あると思います。しかし、人それぞれ体質や生活習慣などが異なるので 色々試してみて一番よい方法を自分で見つけていく事が大事になります。いろいろな美肌の情報がありますが、まどわされないように、自分なりの美容道を見つけることが必要です。今回は、そういった美容情報からいくつか、抜き出してみました。  その1:洗顔をしない方が本当は肌にはいい?! ヨーロッパの人たちは、洗顔をしない方が肌の潤いを保つ事が出来る為、洗顔しない方が美肌を保てるという事で、洗顔をしないスキンケアを実践している人が多いとか。日本人は洗顔のしすぎで、一部洗顔はしない方がよいといわれていますが、本当に洗顔をしない方が美肌によいのでしょうか?ヨーロッパは、湿度が日本よりひくく乾燥しやすい地域なので、より肌が乾燥しやすいといえます。しかも、ヨーロッパの水は硬水の為、肌には負担をかけるので、あえてヨーロッパ人は、水で洗顔するより、ふき取り化粧水を使用するなど、極力洗顔をしないようにしている人が多いようです。しかし、日本は湿度が高く、水も軟水なので、洗顔するにはよい環境にあります。また、洗顔はご存じのとおり、肌についたホコリや毛穴に詰まった老廃物などを洗い流す事で、美肌を保ちます。1日何回も洗顔をしている方は、洗顔し過ぎですが、朝と夜の洗顔は心がけた方が美肌にはよいといえます。洗顔をするときの注意点ですが、水の温度は、熱すぎず、冷たすぎず、ひと肌ぐらいにして、洗顔料はたっぷりと泡立てて、やさしく洗うことで、肌表面を傷つけず、汚れを綺麗に落としてくれます。乾燥している場合は、その後しっかりと保湿を行うスキンケアをすることが必要です。 その2:吹き出物が出ている時には、保湿は必要ない? 吹き出物は、毛穴に詰まった汚れや油脂がスムーズに排出されない事で起こります。吹き出物の種類もいろいろありますが、10代などのニキビなどでない場合は、代謝が悪くなったり、ストレス、ホルモンバランスでできる場合が圧倒的に多く、また、乾燥することによってニキビが発生している場合もあります。乾燥すると肌の代謝がわるくなり、そのために老廃物が排出されず、毛穴づまりを起こすのが原因といわれています。その為、吹き出物の種類を見極め、乾燥で吹き出物は、保湿をしっかりするスキンケアが、代謝を高めてニキビを防ぐことになります。 その3:化粧水はどれを使っても同じ? スキンケアの一つ化粧水の成分のほとんどは、水(精製水)です。その中に個人では配合できない美肌成分が入っていたりして、その美肌成分の配合具合や量によって価格が変わってきます。どれを使っても同じとは言い切れませんが、化粧品では、肌表面の表皮とよばれる所までしか浸透しないものがほとんどです。化粧水で大切なポイントは浸透力ですが、浸透力を高める為、化学成分などを使用して肌本来のバリア機能が薄まる可能性があるものもあります。成分の内容が同じで、浸透力もさほどかわらなければ、化粧水を購入する時の見方も変わってくると思います。いいかえると化粧水は、スキンケアの中で一番コストを抑えられる商品です。 その4:乳液とクリームでは肌への効果が違う 乳液とクリームの違いは、水分と油分(オイル)の配合の割合の違いです。油分の割合が 多いほどクリームになり、油分よりも水分の方が多い割合が乳液になります。どちらも肌表面の水分を保持して外の乾燥から守る役割がありますが、油分が多いクリームの方がより保湿を守る役割が高くなります。なので、乾燥しがちな人は、スキンケアの際、クリームを使う方がより効果を実感できます。また、乳液、クリームの中の成分にも注目したいところです。肌の水分をしっかり保持したい場合は、セラミドが配合された商品を選ぶことで美肌効果に期待ができると思います。 その5:保湿は、クリームを塗る事だけではない!? 乾燥するシーズンのスキンケアは、保湿が重視といわれていますが、保湿だけしていても代謝が滞っていては、肌に浸透せず、老廃物もたまったままになるので、肌トラブルの原因を引き起こす事もあります。保湿力を高めて、美肌をつくる為には、肌の新陳代謝を高める事が必要になります。 しっかり保湿していても、顔がべたべたになる人や吹き出物が絶えない方は、油分の少ない乳液やクリームなどの保湿をやめる前に、肌の代謝がちゃんとできているかスキンケアの見直しをする必要があります。しっかり肌の汚れを起こして代謝を高めることで、クリームなどの保湿成分が肌に浸透していき、保湿をする事ができます。保湿をする事は、単にクリームなどを塗るだけではなく、塗る前の肌の状態を確認して、肌の油分と水分のバランスを整えることが美肌に必要になります。  まとめ:意外と知らない本当の美肌スキンケア 洗顔をしない方がよいとか、化粧水はどれも同じなどといわれていますが、なぜそういう事がいわれているのか環境やひとそれぞれ異なる為、いろいろな情報からその時に合った自分に合うスキンケア方法を選択していく事が美肌づくりにかかせない事です。  その1:洗顔をしない方が本当は肌にはいい?! その2:吹き出物が出ている時には、保湿は必要ない? その3:化粧水はどれを使っても同じ? その4:乳液とクリームでは肌への効果が違う その5:オーガニック製品と既存製品の違いはなに?

最近は、美肌に関する事が本や雑誌に様々掲載されている事や化粧品なども
さまざまな効能がいろいろな形で、製品化している為、どれが本当によいのか迷ってしまうことが多々あると思います。しかし、人それぞれ体質や生活習慣などが異なるので
色々試してみて一番よい方法を自分で見つけていく事が大事になります。いろいろな美肌の情報がありますが、まどわされないように、自分なりの美容道を見つけることが必要です。今回は、そういった美容情報からいくつか、抜き出してみました。


?


 

 

意外と知らない本当の美肌スキンケア

 

その1:洗顔をしない方が本当は肌にはいい?!

ヨーロッパの人たちは、洗顔をしない方が肌の潤いを保つ事が出来る為、洗顔しない方が美肌を保てるという事で、洗顔をしないスキンケアを実践している人が多いとか。日本人は洗顔のしすぎで、一部洗顔はしない方がよいといわれていますが、本当に洗顔をしない方が美肌によいのでしょうか?ヨーロッパは、湿度が日本よりひくく乾燥しやすい地域なので、より肌が乾燥しやすいといえます。しかも、ヨーロッパの水は硬水の為、肌には負担をかけるので、あえてヨーロッパ人は、水で洗顔するより、ふき取り化粧水を使用するなど、極力洗顔をしないようにしている人が多いようです。しかし、日本は湿度が高く、水も軟水なので、洗顔するにはよい環境にあります。また、洗顔はご存じのとおり、肌についたホコリや毛穴に詰まった老廃物などを洗い流す事で、美肌を保ちます。1日何回も洗顔をしている方は、洗顔し過ぎですが、朝と夜の洗顔は心がけた方が美肌にはよいといえます。洗顔をするときの注意点ですが、水の温度は、熱すぎず、冷たすぎず、ひと肌ぐらいにして、洗顔料はたっぷりと泡立てて、やさしく洗うことで、肌表面を傷つけず、汚れを綺麗に落としてくれます。乾燥している場合は、その後しっかりと保湿を行うスキンケアをすることが必要です。

 

その2:吹き出物が出ている時には、保湿は必要ない?

吹き出物は、毛穴に詰まった汚れや油脂がスムーズに排出されない事で起こります。吹き出物の種類もいろいろありますが、10代などのニキビなどでない場合は、代謝が悪くなったり、ストレス、ホルモンバランスでできる場合が圧倒的に多く、また、乾燥することによってニキビが発生している場合もあります。乾燥すると肌の代謝がわるくなり、そのために老廃物が排出されず、毛穴づまりを起こすのが原因といわれています。その為、吹き出物の種類を見極め、乾燥で吹き出物は、保湿をしっかりするスキンケアが、代謝を高めてニキビを防ぐことになります。

 

その3:化粧水はどれを使っても同じ?

スキンケアの一つ化粧水の成分のほとんどは、水(精製水)です。その中に個人では配合できない美肌成分が入っていたりして、その美肌成分の配合具合や量によって価格が変わってきます。どれを使っても同じとは言い切れませんが、化粧品では、肌表面の表皮とよばれる所までしか浸透しないものがほとんどです。化粧水で大切なポイントは浸透力ですが、浸透力を高める為、化学成分などを使用して肌本来のバリア機能が薄まる可能性があるものもあります。成分の内容が同じで、浸透力もさほどかわらなければ、化粧水を購入する時の見方も変わってくると思います。いいかえると化粧水は、スキンケアの中で一番コストを抑えられる商品です。

?【スポンサーリンク】

その4:乳液とクリームでは肌への効果が違う

乳液とクリームの違いは、水分と油分(オイル)の配合の割合の違いです。油分の割合が
多いほどクリームになり、油分よりも水分の方が多い割合が乳液になります。どちらも肌表面の水分を保持して外の乾燥から守る役割がありますが、油分が多いクリームの方がより保湿を守る役割が高くなります。なので、乾燥しがちな人は、スキンケアの際、クリームを使う方がより効果を実感できます。また、乳液、クリームの中の成分にも注目したいところです。肌の水分をしっかり保持したい場合は、セラミドが配合された商品を選ぶことで美肌効果に期待ができると思います。

 

その5:保湿は、クリームを塗る事だけではない!?

乾燥するシーズンのスキンケアは、保湿が重視といわれていますが、保湿だけしていても代謝が滞っていては、肌に浸透せず、老廃物もたまったままになるので、肌トラブルの原因を引き起こす事もあります。保湿力を高めて、美肌をつくる為には、肌の新陳代謝を高める事が必要になります。
しっかり保湿していても、顔がべたべたになる人や吹き出物が絶えない方は、油分の少ない乳液やクリームなどの保湿をやめる前に、肌の代謝がちゃんとできているかスキンケアの見直しをする必要があります。しっかり肌の汚れを起こして代謝を高めることで、クリームなどの保湿成分が肌に浸透していき、保湿をする事ができます。保湿をする事は、単にクリームなどを塗るだけではなく、塗る前の肌の状態を確認して、肌の油分と水分のバランスを整えることが美肌に必要になります。

 

洗顔をしない方がよいとか、化粧水はどれも同じなどといわれていますが、なぜそういう事がいわれているのか環境やひとそれぞれ異なる為、いろいろな情報からその時に合った自分に合うスキンケア方法を選択していく事が美肌づくりにかかせない事です。

 

まとめ

意外と知らない本当の美肌スキンケア

その1:洗顔をしない方が本当は肌にはいい?!
その2:吹き出物が出ている時には、保湿は必要ない?
その3:化粧水はどれを使っても同じ?
その4:乳液とクリームでは肌への効果が違う
その5:オーガニック製品と既存製品の違いはなに?

“?まるごと女子力アップ?” Twitterをフォロー♪

\ SNSでシェアしよう! /

まるごと女子力アップ♡の注目記事を受け取ろう

意外と知らない本当の美肌スキンケア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まるごと女子力アップ♡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • NO IMAGE

    若々しい肌を取り戻す!エイジングサプリメント

  • なかなか治らない赤みの肌トラブル。改善する方法とは?

    なかなか治らない赤みの肌トラブル。改善する方法とは?

  • 【究極のケア】美肌な人ほど洗顔しないって本当?! 

    【究極のケア】美肌な人ほど洗顔しないって本当?! 

  • 【美容・健康・ダイエット】グレープフルーツのカラダにいい魅力とは?

    【美容・健康・ダイエット】グレープフルーツのカラダにいい魅力とは?

  • 【必見】パサパサ髪質を本気で改善!!!

    【必見】パサパサ髪質を本気で改善!!!

  • NO IMAGE

    ふけ顔に見える原因と美容改善策!